Home > 2010年04月

2010年04月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も最後までお読みいただき ありがとうございます
お帰りの前にぜひクリックをお願いいたしますw
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村 子供の習い事へ
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

篠崎の教本「サードポジション 他各ポジション」

昨日は二回目のバイオリンレッスンの日。


朝から緊張しっぱなし。

子供じゃなくて私が。


いったいいつになったらこの緊張感から解放されるんだろ・・・


でも思い返してみれば、

今まで7年間通っていたバイオリン教室も、

行くのが億劫になるのに5年くらいかかってた・・・


ホントにこの性格、やっかい。


前回、音楽記号で意味を解釈して弾く、という、

スズキでCDを聞いて音を解釈する方法とは真逆のレッスン方法に、

ゲンも少々嫌気がさしたかと思いきや、そうでもないようで。


フォルテ、メゾフォルテ、ドルチェ、そこからクレッシェンド

などなど、

今までのレッスンからは考えられないような言葉が繰り返される。


最初は意味がわからなくても、子供の適応力ってすごいもので、

レッスン最後にはきちんと解釈して弾けていた。


そうそう、

新しい教室では、毎回宿題が出される。


音符が全く読めないうちの子のために、

先生が簡単なドリルをコピーしてくれていて、

それを次の週に覚えているかどうかチェックされる。


それと先週から、ある教本を用意しておくようにと言われていた。



サードポジション 他各ポジション


ゲンはもうサードポジションで弾いているのだけれど、

「もう一度やり直した方がいい」

という事なので、篠崎の教本を購入。


これが探してもなかなか見つからず、

アマゾンにあったので迷わず購入。

送料無料なら、探し回って買うよりも手間がないしお得ww



ゲンのレッスンが夕方の早い時間に終わり、

一度家に帰ってから次はタク。

違う時間帯に2度も行かなくてはならないけれど、

家から2分のところなので、「面倒」と思う前に教室に着いてしまう。


今まで車で40分かけて通っていたのが遠い昔の事みたい。


タクもゲンと同じように楽譜が読めないけれど、

指番号はすぐわかるのだそう。


でも、それでは今後のためにもならないので、

ここは頑張って楽譜が読めるようになる所から始めてもらう。


話は変わるけど、タクのビブラートのかけ方って、手首のみで行うもの。

ところが新しい先生は「エルボーでビブラートをかける」やり方。

手首ではなく、肘から上全体でビブラートをかけるというもの。


このビブラートが、音に深みを出しているのを、

実際に先生の演奏を聞いて体で感じた。


それはタクも同じで、

「ボクもエルボーで覚えればよかった・・・」

と言っていた程。


昨日のレッスンではそのエルボーのビブラートも教わったそうで、

満足度の高いレッスンとなったよう。


タクもゲンも、この2回のレッスンで音がかなり変わった。

近くでいい教室に巡り合えて本当に良かった。

今日も最後までお読みいただき ありがとうございます
お帰りの前にぜひクリックをお願いいたしますw
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村 子供の習い事へ

新しい先生、初めてのレッスン

今日から心機一転、

新しい先生、新しい教室でバイオリンのレッスン開始です!


今まで6年間、

スズキメソードでお世話になってきて、

そこから「外」には出た事がない箱入りの息子&私。


新しい先生の体験レッスンも済ませたとはいえ、

やはりレッスン開始となると緊張します。


今度の先生のレッスンは1回40分。

前後に生徒さんはいないようで、時間を40分きっちりやってくれるのが嬉しい。


レッスンが始まると、スズキの時との違いがいろいろ出てくる。


まず、スズキは 「耳で聞いて覚える」 という独自のスタイルに対し、

今度の先生は 「楽譜を考えて弾く」 というもの。


これはまぁ当然と言えば当然。


今までスズキの6年間、

音楽記号と一切無縁でやってきた子供たち。


先生に

「これは何ていう意味の記号?」

と聞かれても、

「・・・・」

子供たち、無言。


それが 「フォルテシモ」「ピアノ」なんていうごくごく簡単なものでも、

さっぱりわからず答えられない。


まぁ・・・これはスズキメソードのせいではなく、

ただ単に私が怠ってきたせいもあるけど。


でも、スズキは記号の意味を考えて弾くスタイルではなく、

先生が弾いたとおりに、CDで聞いたとおりに弾く、というスタイルなので、

音楽記号がわかならくても自然に

力強く弾いたり、優しく・甘く弾いたり、という事は習得してきた。


だけど今はもうスズキじゃない。

今のやり方を覚えねば!!


という事で、早速音楽記号の表を作成。

それと、ゲンが今弾いているAモールの楽譜をコピーし、

音楽記号にラインマーカーを引き、その意味を横に書いておく。


練習する時にそのコピーを使えば、音楽記号も覚えていけるハズ。


ゲンも新しい指導にもとまどうことなくついて行ってるし、

出だしとしては上々といった感じ。


そしてレッスンも終わり、

家に帰ってみんなが最初に言った事。


「あの先生、すっごく上手い!!」


それはもちろん当たり前なんだけど。

今までバイオリンの演奏って、スズキの先生達の音が基本になっていて、

その他にたまにコンサートで聞いたりするだけだったけど、

今度の先生の音はなんというか・・・・


心が震える?


それは私だけでなく子供たちもそう感じたそうで、

ますます

「良い先生に出会えてよかったね~」

と言い合うのでした。



本館はこちら⇒ サラリーマン家庭だけど私立の中高一貫校に行ってます

今日も最後までお読みいただき ありがとうございます
お帰りの前にぜひクリックをお願いいたしますw
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村 子供の習い事へ

「悲しき農夫」・・・

昨日はヴァイオリンのレッスン日。
このところ、すっかりレッスン嫌いになってしまったゲン(4歳)を心配しながらも教室へ。


ゲンの怖いところは 脅しが効かない事(←いや脅してどうする)。


家で練習させようとしても、いくら言ってもグズグズとヴァイオリンを出さないから
「そんなに嫌ならヴァイオリンを誰かにあげちゃうよ!!」
と言うと、してやったりと
「いいよ~♪ゲンちゃん バイオリンやめる~(*^o^*)」
と、ものすごく嬉しそう・・・くくぅ。

その点、タクは素直じゃないけど、どういう訳かそんなトコはすぐ反応して
「嫌だ!やるんだ!!」
というタイプ。
長男様と次男様の違いですかね。

レッスンが始まり、ゲンも嫌がってる割にはそつなくこなし(さすが次男!)、
お次は タクのレッスン。

キラキラ星から始まり、一曲づつこなしていく タク。


ことりっぷ

最近はレッスン曲がト長調のものになったので、
以前の曲を弾くと み~んなE線の2が「高い2」になってしまい
軽快なキラキラ星が一気にくら~いマイナーな曲に(笑

すると すかさず先生、
「本日はお葬式に来ていただきありがとうございます・・ううぅ」
と泣き真似 (;^ω^A
しかもわざわざポケットからハンカチを取り出して(←こういうとこ、ホント芸が細かい)!
サービス精神旺盛な愛すべき先生!!
このあとはしばらく笑っちゃってレッスンにならないのだけど・・・il||li _| ̄|○ il||l

そして前回、「仕上げてきなさい」と言われてた「楽しき農夫」。
この曲を先生はいつも 「苦しき農夫」 というんだけど、
今日、先生に
「タクはどこまで弾けるようになった?」と聞かれて
「悲しき農夫!!!」
と元気いっぱい答えたタク (;°皿°)

とうとう、「苦しい農夫」から「悲しい農夫」になったのね・・・(笑

全然練習してなかった割には 上手く弾けたゲン。
先生も「すごいな~、見直したよ~」と大絶賛(←持ち上げ上手)!
照れつつもものすごーく嬉しそう・・・。


そんな顔を見てると、私の恐怖政治(笑)ならぬ、「恐怖レッスン」はよくないんだな~と実感。
あんなに嬉しそうなら今日から私も無理やりにでも褒めてあげようかな・・・。
反省・・・。

そんな事を考えていた矢先、スズキメソードの創立者・鈴木慎一先生のこんなお言葉が目に入りました。


・・・「家庭でお稽古をする時、子供が弾き始めるとすぐに『それ、いけない』『そこは間違ってる』と、

弾いている子供が手も足も出ないように世話を焼くお母さんがいる。


・・・中略・・・ヘタでも弾き終わったら『良く弾けたね』と子供の努力に対する賛辞を与えてください。

『とてもヘタだ』と言ってから訂正の勉強をしても『良く弾けたね』といってから矯正のお稽古をしてもより良くする事をしなければ上達しないのですから、『ダメだ』と言われて矯正するより褒められてからの方が気分的にまるで問題になりません。


・・・中略・・・『ダメだ』『ヘタだ』の暗示を繰り返すと子供も暗示の通りに下手になり、『どうせ私は』と思うようになります。子供をヘタにする工夫はいりません・・・



ヒィィィィx・・・ヘ(゚曲、゚;)ノ~
私の事だ・・・ il||li _| ̄|○ il||l
私って子供をダメにするプロだわ (T T*)

今までごめんね、タク。

よし!今日から「ダメ」を言わない努力の開始!!
がんばろう!!

今日も最後までお読みいただき ありがとうございます
お帰りの前にぜひクリックをお願いいたしますw
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村 子供の習い事へ

Home > 2010年04月

from kotori@violin

kotori

Author:kotori
FC2ブログへようこそ!

Recent Entries
Recent Comments
links
counter

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。