Home > バイオリンお稽古日記 Archive

バイオリンお稽古日記 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

中学生と習い事

「プレリュードとアレグロ」、その後。


数日練習し、

さすがに音を外す事も少なくなった。



少なくなった程度、ね。



タクは基本的に、音階が間違ってる。

ドレミファソラシド~が弾けてない。


普通のドレミファが、フラットなドレミファになってるのだ。


だから タクの初見なんて ハッキリ言って聞けたもんじゃない。

音酔いしてくる。


ただ、それを何回か練習して行くうちに、

音がピタッと合うようになる。


これって、バイオリンを弾くものとして致命的かとも思うけど、

家での練習を聞いているものが我慢しさえすれば、

レッスンに持って行く頃には なんとかまぁ聞ける程度にはなる。



もしかして私、ものすごく恥ずかしい話し、してますかね(ドキドキ)?



表現できる・できない以前に、

音が正しく弾けないのだから・・・道のりはホントに長い。


だから 発表会の時の涙に繋がるわけで。



タクには正直に、

「音楽的な才能は あまりないと思う」

と伝えてある。


ただ、

「でもタクには努力する事ができる強みがある。

そして何より、バイオリンを好きだっていう気持ちが一番チカラになると思う。」

そう言ってある。


ゲンは初見でツラツラ~っと弾けてしまう。

これはもう もっと産まれたもの。


だけど、タクほどバイオリンに対しての情熱がない。

だから最終的には、タクの方がずっと上手くなると信じている。


タクは中学3年生だけど、中高一貫校だから受験がない。


・・・というか、

元々「バイオリンありき」 で決めた進路でもあるから、

受験がない分、バイオリンの練習もしてもらわなければならない。


そうはいってもそこは中3という学年、

学校の勉強もかなり忙しくなってきている。


授業はすでに中3の終わりの方まで進んでいる様子だし、

あ2年半で、高校の勉強を全て終わらせ 大学受験態勢に入る。


勉強とバイオリンの稽古、

二つの柱を効率よくこなしてもらわなければ。


最近では、

勉強の気分転換にバイオリンを練習する・・・

なんていう事もしているようで、

なんにせよ、生活に練習を取りこんでいるのは認めてあげたいところ。



これでもう少し上手くなってくれれば・・・


いや、高望みはよしましょう。

一歩一歩、亀の歩みでいいから、歩みを止めないで欲しい、ただそれだけ。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

お帰りの前にぜひクリックをお願いいたしますw

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村 子供の習い事へ


よろしければこちらもポチリと♪

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ


サラリーマン家庭だけど私立の中高一貫校に行ってます

早くも投げたか

タクがついに、

クライスラーの「プレリュードとアレグロ」 の練習を始めました。


この日のために、

タクのipodに曲を入れ、車の中ではこの曲をエンドレスで流し。


はい、バカ親です。


とにかく私自身が気に入った曲だったから、

なんとしても、年末には タクに立派にこの曲を弾いてもらいたい・・・


ただただ、その一心。



夜になり、のろのろとバイオリンを出して来たタク。


さぁ弾くのかと思いきや、

なぜか 先日合格をもらった曲を弾きだした。


おかしい・・・


こんな事、普通ならあり得ない。

終わった曲をおさらいするなんて、一度だってしたことないのに。


何度も何度も弾いているので、

「もうその曲はいいんじゃない?」

としびれを切らして言ってみる。


「じゃ・・・やるか・・・」


のろのろと楽譜を取りに行き、

最初のゆっくりした 簡単な部分を弾きだした・・・




が。





ものすごい、下手。




ハッキリ言って、とてつもなく、下手。




いやぁ・・・ビックリ。

正直、こんな簡単な部分が ここまで弾けないとは思わなんだ。


表現とかじゃなく、まだ譜読みの段階なのに、

正確な音すら出せてない!!!



あまりの事に、

ここは突っ込むべきか、それとも見守るべきか、しばし悩む。


悩んだ末、とりあえず黙って見守る事に。



何度弾いても、フラットが正しく弾けていない。

全部ナチュラルで弾いてる。


こ・・・こんな人に、果たしてこの曲が弾けるのか・・・?


ひどい音階で弾く事5分、ついに

「この曲、嫌いだ」

宣言。


いや、クライスラーだって迷惑だよ。



みかねて口を出す。

「ひどいね。 楽譜通りの音階が弾けないなんて、致命的じゃない?」


するとムッとしたタク、

「曲をあまり聞いてないからだよ」

なんて言い訳。


いやいやいや・・・散々聞いてきたじゃん。

っていうか、耳コピじゃなくて、楽譜で弾こうよ、いい加減さ。


その後も ナチュラルのまま 聞くに堪えない演奏を続ける事10分、

気づいたらもうバイオリンは片付けられていた・・


お先真っ暗。



その後、タクが練習を終えたのを見て ゲンがバイオリンを出して来たので、

「ゲン、ちょっとだけでいいから この曲の最初を弾いてみて」

と、プレリュードとアレグロの楽譜を渡す。


すると・・・



初見で完璧に弾いてしまった、いとも簡単に。



そっかぁ・・・弾けるんだね、



弾ける子には。



当然のことだけど、

ナチュラルもフラットも、完璧に弾いてた。


・・・に比べ・・・・はぁ・・・・



タクにはバイオリンのセンスがない。

それはよーーーくわかってる。


だけど、人より努力する事を知っている子。

それに、表現力もある。


だからまず、投げないでやって欲しい。

たかだか10分やそこらで投げるなんて、情けなさ過ぎです!!


嗚呼・・・アツイ夏になりそうです・・・


音譜 お読みいただいたら お帰りの際に是非クリックをお願いします
励みにさせてもらってますww

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


よろしければこちらもポチりとw

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ



サラリーマン家庭だけど私立の中高一貫校に行ってます

発表会の曲、続き

先週、ゲンが年末の発表会で弾く曲の話をしましたが、
今週はタクの曲の話し。

実は先週、
「タク君にどうかと思って」
と、先生が考えていた曲を教えてもらっていたのだけれど、
きれいさっぱり忘れてしまい(大汗

クラッシックのタイトルは覚えられないッス。

先ほど ゲンのレッスンの時にもう一度聞いて、
ちゃんとメモをとってきました。

で、タクが発表会で弾く曲、それは・・・




「クライスラー プレリュードとアレグロ」




ハイ、全然知りません(キッパリ)!
ま、仕方ないです、こんな親なのは今に始まった事じゃなし。


先生いわく、
「最初はゆっくりなんですけど、どんどん速くなって、
最後の最後は重音が連続して出てきて・・・

とっても難しい曲だけど、カッコイイ曲なんですよ❤」

と爽やかにおっしゃる先生。
(本当に語尾にハートマークがついてるように話すんです)

いったいどれほど難しい曲なのかを知るために、
早速検索してみました。

それがコチラ。





うはっ!!



すっ・・・すごく素敵な曲だけど、
すごく難しい曲ですね・・・・!!(ゴクン)


当のタク、曲を知る前は 先生にうまくのせられて、
「やります! 頑張ります(ブイv)」
と答えたらしい。


予測、という事はできないらしい。

先生がいう言葉の端々から
「ここまで言うんじゃ難しいのかも」とか、
「これはちょっと厳しいかも」とか、
そういう邪念が働かない様子。


どんだけ難しいかって、楽譜を見れば一目瞭然。

$息子2人のバイオリンレッスン記録
最初は簡単そうだけど・・・

$息子2人のバイオリンレッスン記録
次のページは もう真っ黒。

$息子2人のバイオリンレッスン記録

音を聞きながら楽譜を追っていても、
着いて行けないんです・・・!!

それが弾けるの?

まるで降りられないジェットコースターに乗ってしまったよう・・・!!

これは・・・
今年一番の大仕事になりそうです。

あぁ、心臓に悪いわぁ。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
いつも応援クリックをありがとうございます!
励みにさせてもらってますww

Home > バイオリンお稽古日記 Archive

from kotori@violin

kotori

Author:kotori
FC2ブログへようこそ!

Recent Entries
Recent Comments
links
counter

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。